健康に対する不安

健康に対する不安



写真
疲れやだるさ、それは未病かもしれません

未病とは東洋医学の考え方だそうですが、これは病気になる前段階のことで、検査では異常がみられず病名がつかないものの、健康が損なわれている状態です。

これはとても自然な考え方です。病気というのは、白が黒になるように突然異常な状態となるものではなく、気づかないところでじわじわと小さな影響が蓄積して体に変化を起こし、結果的に医師が診断できるほどの異常へと発展するものだからです。

その間の体調といえば、当然、体の重さやだるさ、気分が晴れない、寝ても疲れがとれないといった不調をともなうものとなるでしょう。

疲れやだるさの解消に必要なのは「野菜」です。
・なぜそう言いきれるの?
・食の変化と病気の増加について
・具体的に何を食べたらいいの?

なぜそう言いきれるの?

「食と健康」の最重要の論文であるメタアナリシスをすべて集めて調べました。このアプローチを当協会では「メタ栄養学」と呼んでいます。メタ栄養学により、現時点でもっとも科学的な見解が得られます。

メタ栄養学から見えてくるのは、「野菜によって病気になるリスクが減る」ということです。

これは同時に、「病気の前段階である未病になるリスクも減る」ということを意味します。したがって、未病の解消には野菜をたっぷりとることが有効だというのが、最も理にかなった考え方となります。

また、「肉、油、炭水化物を多くとることで病気になるリスクが増える」こともわかっています。

これもつまり、「未病になるリスクが増える」ことを意味しますから、未病の解消には肉、油、炭水化物を減らすことが有効だといえます。

寝不足であれば睡眠をとる必要があるし、運動不足なら運動をすることで大きな健康効果が得られるでしょう。また、好きなことをして気分転換をしたり、ゆっくりとリラックスすることで元気になることもあります。このようにして疲れが解消されるなら、それは健康な状態だといえます。

しかし、それでも取りのぞかれない疲れなら、それは未病という状態をまず疑うべきです。

実は今、日本では病気になる人が増えつづけています。そのため、未病の人も増えつづけていると考えられます。病気になる人が増えつづける間、私たちの食生活も大きく変化しています。

しかもその「野菜不足」は、年齢が若いほど顕著です。

野菜の消費量が減りつづける一方で、肉と油の消費量は4倍に増えています。

このように食生活が大きく変わるとともに、国内のがんや脳卒中などの患者数は実に4倍以上になっています。

実際の数でいうと、2008年時点での国内の総患者数は、がん、心臓疾患、脳卒中でそれぞれ約150万人、糖尿病は240万人です。

こうした患者数の増加は食べものだけが原因だとはいえませんが、私たちが毎日食べるものの影響は決して小さくありません。

「メタ栄養学」が明らかにしているのは、食生活の変化のうち野菜の消費量が減り続ける一方で、野菜以外の消費量が大きくなっていることが、これらの病気が増える大きな原因だという明確な根拠があるということなのです。

その不足がちな野菜を摂ることがベストですが、摂取できない方はその他の方法をおすすめします。

◆お口とお腹のダブルケア「プレミアムブレスクレール」の人気

お腹ケア用とお口ケア用のダブルを交互に飲むサプリメントとして日本で初めて誕生しました。


◆腸内フローラのバランス【デイリーバランス】でアップ!

話題の『腸内フローラのバランス』が気になる方へおすすめするサプリメントです。


◆ミドリムシ完全無添加サプリお得な定期コース

完全無添加サプリ「ミドリムシ ナチュラルリッチ」は、 ついに累計200万袋を突破


◆目のクリア感をプラチナアイで実感!

「目のクリア感」を実感していただくために「ルテイン」と「アスタキサンチン」を配合しております。


◆黒ごまとオリゴ糖で毎日をスッキリ!

ごまの豊富な栄養を、手軽に美味しく摂って頂きたい」と 開発されたのが 「黒ごま&オリゴ」です。